超級グルメ

クックパッドには載っていないような手抜き料理、のんだくれのオヤジでも作れる超簡単なおつまみレシピ、素人丸出しの燻製作り、コンビニや100均の食品のちょい辛批評などを扱っています。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 (-)

後の記事「Cyberfoxのアップデート方法

前の記事「自己紹介&お問い合わせページ

2015 07/27

カニの釣り方(ワタリガニ、タイワンガザミ)

ワタリガニ系の釣り方


蟹網と餌と軍手があれば釣れます。

蟹網の画像
(大手釣具店で360円)

主なターゲット(関東):タイワンガザミ


エサ:100均のスルメやイカや青魚。オススメは入手が簡単な100均のスルメですが、

大量に釣りたい(絡めとりたい)のなら、内蔵付きのイカとワタつきの青魚をぶつ切りにして、一緒に使用します。


ポイント:波が穏やかで、底が砂地で、根掛かりのない漁港や船着場や堤防から釣ります。

砂浜からだと、房総半島で投げ竿とリールを使ってヒラツメガニ(ワタリガニ科)が釣れます。

わたしが釣行するのは、東伊豆の某所の船着場です。


時期:夏と秋がシーズンです。

また、夏で川の流れ込みがあると、卵を抱えたモクズガニ(上海ガニの近種)が大量に釣れます。


釣り方:蟹網に付属しているヒモを蟹網とつなぎ、

ヒモを陸のなにかにつなぎ、蟹網に付属している餌入れネットに餌を入れ、

投げ入れ、

20~30分ほど、近くを散策します。


アタリ:蟹網を底につけずに宙吊りしたらわかると思いますが、

ぶっこんで置いとくと、一切アタリが出ません。


釣れる時間帯:ワタリガニ系のカニは、夜行性なので、釣れる時間帯は、

日没前後から、夜の10時くらいまでです。

昼や深夜でも一応釣れると思いますが、ボウズ覚悟です。


潮:他の釣りと同様に、潮止まり時には、ほとんど釣れません。



実釣編はコチラ






波止釣り ブログランキングへ

関連記事


(0)

後の記事「Cyberfoxのアップデート方法

前の記事「自己紹介&お問い合わせページ

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。